ちょいと古くなりましたが、これってものすごく重大なネタですぜ。
ええもぅ、休眠状態のブログを思わず再開させてしまうほどに(笑)

とりあえず英語圏を中心にしたものになっているようですが、夢の自動翻訳機能。
これってドラえもんの「翻訳こんにゃく」そのものです。


相手の言うことを理解でき、相手もこちらの言うことを分かる。

これって、めっちゃすごいです。
とりあえず、Skypeで英会話スクールに通う意味なくなります。

だって、字幕でちゃうし(笑)

サービスイン当初は、WIndows8の機能として提供するので、スマートフォンでは使えないみたいですが、徐々に拡大していくでしょう。

言語を学ぶという、えらく膨大なコストのかかるシロモノを、テクノロジーで解決できる。

ちょっと感動しちゃいました。


Google Glass by FotoDB.de
Attribution-NonCommercial-ShareAlike License
これに続く展開は、やはりウェアラブルデバイスでの展開ですね。
ウェアラブルで通訳できます、っていうだけで、普及に向けてかなりのブレイクスルーです。
Microsoftとしては、自社開発のウェアラブル端末ののキラーアプリとして、これを持ってこようとしてるのかな~、なんて思って見てしまいました。

Microsoftが、ついにウェアラブルに本気を出すのか、と。

なにせGoogle Glass みたいなデバイスにSkypeを経由しなくても使える通訳機能なんかは、めちゃ親和性高いです。

外国人同士が、お互いが自分の母語で会話してるのに、コミュニケーションが成立する。

まさに翻訳こんにゃくそのもの。

まだ顔の横に、かなり目立つデバイスなのでちょいと抵抗はありますけど、すぐに普通のメガネとか、コンタクトレンズみたいな代物になるでしょう。

そうなれば、もう違和感なく使用できるでしょう。

コンタクトレンズ型だと、バッテリはなくて無線給電にして、処理自体はクラウドでやるか、ポケットの中にあるスマートフォンでやって、コンタクトレンズはただのディスプレイにする。
な~んて方法なら、ここ5年くらいで実装できちゃうんじゃないでしょうか。

楽しみですね(^^)

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.