有料、無料合わせて4つほどメールマガジンを購読しております。

堀江メルマガのように、むちゃくちゃ長くて読むのが大変なレベルのものから、ブログよりも短い文章のようなものまでさまざまです。

発行頻度も毎日届くものから、週一回のもの、中には出したい時に出す、みたいなすごいのもあるそうですが(笑)

閑話休題。

いろんなメルマガを購読していると、移動時間中に読みきれなくて未読位置がわからなくなったり、読みかけのうちに次のが届いてくれたりとか、ちょっとめんどうなことになって「いいや今週は読み飛ばしちゃえ!」、な~んてもったいないことにもなったりします。

そんなもったいないことにならないようにするため、メルマガはKindleで読むことにしております。

リンク先はFireタブレットですが、筆者はKindleアプリで読んでおります。

未読位置もメルマガごとに記憶してくれるし、あと何%残っているのかも見ることができるので、めちゃ便利なのです。

あまり知られてはいませんが、Kindleには「Send to Kindle」というパーソナルドキュメントサービスがあります。

これは、アプリでも、Kindleリーダーでも、Fireタブレットでも共通で使える機能で、Amazonが端末ごとに割り当てる「xxx@kindle.com」というメールアドレスあてに添付ファイルで所定のフォーマットで送信すると、そのままKindle端末で読むことができるというもの。

この送信形式に正式に対応しているメルマガスタンドは「夜間飛行」のみですが、裏技を使いますとテキストのみのメルマガでもKindleで購読できてしまいます。

Instapaperのサービスを使いますと、メルマガ→Instapaper→Kindleという流れが実現できます。

[UPDATE3]InstapaperのKindle形式ファイルの自動配信サービス

詳しくは↑の記事を見ていただきたいと思いますが、Instapaperにメルマガをメールで転送して、Kindle形式のデータに変換してもらおうという、実に都合のいいお話です(笑)

なかなか便利なのですが、いかんせん整形される形式があまり美しくありませぬ。

個人的なオススメ的には、正式対応している夜間飛行なので、あくまで裏ワザでしかないのですが、夜間飛行で発行していないメルマガを購読している場合はこういう手もありますぜよ。

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.