先日の藤沢数希氏のツイートと、それに対する堀江貴文氏のメンションがきっかけで、大論争が巻き起こりました。



これを受けて、こんな記事も。

「家事は2万で外注しろ」議論白熱

正直、家事代行サービスとかって、あまり使おうと思ったことはありません。
毎日の掃除や洗濯、ご飯の後片付けで、結構な時間を割かれているのは事実です。
家に帰ってから、毎日2~3時間くらいでしょうか?


この時間を軽減するには、どんどん効率化を極めていくしかありません。
ここの効率化ネタは、また別のエントリで書くとして、今回は発端になった家事代行サービスについて、調べてみたら、以外に都会だけじゃないよ!というネタを提供したみます。


いろんな業種が家事代行サービスを


正直、こういうのって都会オンリーで、地方にはまだ展開されてないもんだと思ってましたが、甘く見てました。

「家事代行 岩手」でググってみると、結構ありますねぇ。

ダスキンといった大手さんは当然の事ながら、変わり種でこんなのも。



盛岡を中心にしたローカル鉄道が、なぜか家事代行サービスを提供。
どこを狙っているのか正直わかりませんが、まぁ面白いですね。

駅などの清掃を行っているスタッフの、スキマ時間を埋めるサービスなんでしょう。
これ、もっと営業をかけると盛岡市内でイケるんじゃないかな~。

法人向けは、ビルメン会社が結構押さえちゃっていますけど、価格次第で個人向けにも食い込めそうですわ。


地方でも月額2万で結構なレベルのサービスを受けられる


いろいろ調べてみましたが、地方でも月額2万も出せばそれなりのサービスを受けられそうです。


さすが業界最大手。
2週間に1度(1回2時間)の訪問サービス、レンタルモップ、そして暮らしの困り事ワンストップサービス「めりーさんの執事」がワンセットで、この価格。

これなら、訪問頻度を毎週にしても良いくらいじゃないでしょうか?

1回2時間でできるレベルの作業は、週1の訪問で外注しちゃえば楽になりますね。
いや、マジで使ってみたいレベルwww

これは検討の価値ありじゃないですか?

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.