えー、身の回りで突然話題になってブームに乗り遅れまいと読んでみましたが、めっちゃ面白かったので、紹介します!

「ドラゴン桜」でお馴染みの三田紀房の最新作。「インベスターZ」です。


ともかく、ぶっちゃけ具合がハンパない!


努力・友情・勝利が、ジャンプ漫画の基本です。
ドラゴン桜もそうですが、三田作品はともかく、そのへんのぶっちゃけ具合がタダもんじゃねーのです!

北海道の名門私立高校には、秘密の部活がある。
なんとそれは、「投資部」。開校以来の伝統として、入試主席の生徒だけを集め、運用した収益で学費無料の学園を維持している、というカッ飛んでいる設定。

そんな設定もさることながら、登場人物のセリフ回しが(・∀・)イイ!!


無駄な努力には価値なんてない。

まぁ、その通りですよね。
部活で根性見せたからって、入試や就活にゃなんの役にも立ちません。
時間は有限で、かつ最も価値のあるリソースです。
それを空費するのとに、価値はない、と言い切るのも当然ですね。

学校教育の現場でやってることとは、対極に位置します。
徹底した合理主義、功利主義。

投資だけでなく、ビジネスの世界を動かす論理は、これです。

にもかかわらず、学校教育では決して教えてくれない。
人は、過程で評価されない。結果のみ、という冷徹な事実を。


まずは勉強してからでないと・・・・。
これもよく聞きますよね。

まずは経験を積んでからでないと独立は・・・・とか。

そんな言動も、真っ向から否定します。


ギャンブル。
FXなんて、まさにギャンブルですもんね。

相場が、上がるか、下がるかを予測するだけ。ただの丁半博打とおんなじです。


金の動きは、人の動きそのもの。
経済は、世界そのもの。


美辞麗句に装飾された世間とは隔絶された、論理だけで動く世界。

そんな世界は、決して遠い世界の出来事ではありません。
そう、人のあるところ、経済あり。

そんな経済とのつきあい方、ビジネスについての考え方を教えてくれる良書。

ドラゴン桜では、受験を最も効率的に攻略するというゲームを。
今作、インベスターZでは、人の生き方に最も深く関わりを持つ金について。

それぞれ素晴らしい示唆に富んでいます。

今は6巻まで刊行されています。
読むとどんどん引き込まれてしまい、筆者は電子版で一気読みしてしまいました。

ぜひともご一読ください。

あまりに(・∀・)イイ!!ので、めちゃオススメですよ!










ラベル:

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.