自分の価値観に従って生きよう!

・・・よくあるフレーズですよね~。
けど、そのとおりに生きてる人って、少ないんじゃないでしょうか?

特に日本では。
一体なぜなんでしょう?

他人の人生を生きるということ

自分の人生は、自分のためにこそある。

とかいうと、「利己主義だ!」「自分勝手なやつだ!」とか、他人のけしからん言動にいちいち目くじらを立てる人が、つまんないことを言い出します。

けど、果たしてそうなんでしょうか?
コミュニタリアニズム的な考えに立てば、確かにそうかもしれません。

共同体の存続を第一に考えれば、利己主義に基づく行動は、基本的に害悪です。
勝手に行動したり、協調性を見出せば、共同体の和が崩れますからね。

けどそうやって、自分の意志を押し殺して生きるのって、窮屈ですよね?

思ったことを言えない。
とりあえず周りに合わせておく。
自分が割りを食っても、周りが良ければいい。

それ、他人の人生を生きてるだけです



スティーブ・ジョブズもこう言ってます。

時間は、すべての人の上を等しく流れます。
頑張って仕事をしている時も、家族をくつろいでいても、今こうしてブログを読んでいる瞬間も、すべて時間が流れています。

流れてしまった時間は、誰にも取り戻すことはできません

自分のために使える時間を他人のために使ってしまっているんです。
時間は、「命」そのものです

限りある時間を、命を、他人のために使うということは、他人の人生を生きること。
それって、命のムダ使いです。

自分の人生を生きるには、まず優先順位付け

生きていくうえで、一番大事なものは何ですか?

家族? 恋人? それともカネ?
それが何であれ、他人の人生を生きないためには、自分の人生で何を優先すべきか、考える事から始まります

そして、その優先順位に従って生きること。
それが自分の人生を生きることに他なりません。



厚切りジェイソンもこう言ってます笑

自分の人生を生きることは、一見むずかしいように感じられます。
けど、とてもシンプルな生き方です。

「自分にできることは何か?」よりも「自分がやりたいことは何か?」と問いかければ、自ずと答えは見つかります

この生き方をできれば、人生はより愉しいものになるでしょう。


この考え方を身に付けるに当たって、オススメの1冊。

もう一度、皆さんに問いかけます。

あなたのやりたいことは、何ですか?

ラベル:

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.