E63b1dfc35d5a1b8fb267bc4b35149e1 m

「夢を持て!」

学校でそんな風に教えられ、馬鹿正直に夢を追いかけている人に対して、オトナは

「いつまでそんな夢見てんだ!現実を見ろ!」

...こんな言葉をよくお掛けになっていると聞きます。
学校では、夢を見ろ、世の中では夢なんか見るな、と言う。

私自身、夢物語みたいなむちゃくちゃなプロジェクトをやってますけど、誰も↑みたいな言葉をかけてきません。

さて、ここにはどんな違いがあるんでしょーね?

「夢」と言ってるうちは無謀にしか見えない

言葉は綺麗ですけど、「夢」ってイメージからしてふわっとしていて、なんか本気感が伝わってきません。

死んでもこれをやるんだ!っていう意志が伝わらんと、他人からは「なんか無謀なことに乗り出そうとしてるアホな人」としか見てくれません

周りが、自分の夢を理解してくれない。なんていう話を聞くたびに、こう問いかけることにしています。

自分の本気度を、ちゃんと伝えたの?

本気じゃない人のことなんか応援するはずありませんよね。
自分だって、なんかハンパっぽい気持ちでなんとなく取り組んでる人のことを応援しないですよね?

他人からは、あなたの態度はそうとしか見えていないんです。

これをやる!と宣言しまくり、熱狂する

必要なのは、たったこれ↑だけ。

ド田舎でITベンチャー企業を生み出して、世の中を面白くする!

ただそう周りに言いふらしまくって、後は自分がめちゃくちゃ面白がる。ガンガン外に出て、「今こんなことやってんだけど、面白い人いない?」って圧倒的熱量とともに本気で語る。

自分がやってきたのは、これだけ。
後は自然と人が集まり、情報が集まり、面白いことになります

難しいことはなんにもありませんが、ティッピングポイントを過ぎるまでは、フォロワーも増えないし、人によっては心が折れそうになるかもしれません笑

なので、ここを過ぎるまでの期間、実は結構な忍耐を必要とするのですが、ここに熱狂というひとつのキーを挟むだけで、そんな忍耐さえも愉しくなってきます。



こちらは、世界中のビジネススクールで引き合いに出される、デレク・シヴァーズがTEDで見せた動画です。

最初の裸になって踊り出す一人。自分はこの役目を果たし、二人目に面白がって付いてきてくれた人がたくさんのフォロワーを連れて来てくれました

いつも自分は、こーゆースタンスで、周囲からは無謀にしか見えないことを成し遂げてきました。

割とカンタンです。

たった一人の熱狂が、世の中を面白くする。
無謀な夢を達成する、たったひとつの冴えたやり方です。

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.