個人的に期待してたMicrosoftの最終兵器?Surfaceですが、さっぱり売れずにやばい傾向にあるようです。
Microsoft、誰もSurface RTを欲しがっていないことをようやく認める
おかげで本日、Microsoftさんから上のようなメールが届きました。

iPadからSurfaceに乗り換えようとか、まるで意味が分かりませんが、とりあえずどんなものかチェックしてみることにします。

  1. MS Officeが使える
  2. カバーがキーボード
  3. スタンドで自立
  4. USBポート標準搭載
  5. Flashサイトも見れる

・・・だいぶ意味が分かりません(笑)
Officeはタブレットの必須アイテムでもないし、むしろそこをiOSデバイスとの差別化に使おうとアプリを出さないでいたら、あっさり他社に互換アプリを出されてしまってむしろ強者の優位性を失ってしまうという絵に描いたような戦力の逐次投入で失敗するという見本のような状態だというのに、今さら感がバリバリです。

カバーがキーボードになったり自立したりというのも、最初は「カッコええギミック」という印象でしたが、似たようなアイテムがサードパーティーからiOSやAndroid向けに供給され、あっさり優位性を失ってしまった。むしろ多様性のある状態で、純正しか選択肢のないSurfaceよりもエコシステムとして優れてしまったというオチに。

USBポート?だいたいクラウドかBluetoothでつながるから要りませんよ。

そして最後に極めつけが「Flashサイトが見れる」。
・・・・・・ないよ、今どき。
ジョブズがiPhoneにFlashを搭載しなかったがために、あれだけ隆盛を誇ったFlashバリバリで重たいサイトが見事に駆逐され、一部の広告とかを残して消えてなくなってしまいましたので、見る必要ないです。

・・・もう少し売りはないんですかい>Microsoftさん

正直、Surfaceはノートパソコンであってタブレットじゃないでしょ。
対抗すべき相手はiPadではなく、MacBook Airでしょ。

売り方だと思うんですけどねぇ。

閑話休題。

最大で1万円キャッシュバックすると言っても、対象はminiをのぞいたiPadのみ。
さらに対象店舗(ほぼオンラインのみ)で購入した領収書の写しと、Appleサポートサイトにシリアルを打ち込んで表示される画面のプリントアウトを添付するという、まるで役所の補助申請みたいなめんどくささ。

もうちょいと簡素化した方が良いんでないですかねぇ?
これじゃせっかく買いたいと思ったヒトがいても、めんどくささに潜在顧客を逃がしちゃいますぜ。

キャンペーンまでも官僚くさい。
Microsoftさんには、もう少ししっかりしていただきたい。

エールを込めて。

・・・たぶんね(笑)

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.