米国時間の6月25日に開催されたGoogle I/Oデベロッパーカンファレンスにおいて、Google Appsの新エディションが発表されました。

その名もGoogle Apps Unlimited!(じゃじゃ~ん)



スライドでは、Drive for Workになっていますが、これがGoogle Apps Unlimitedの機能として提供される無制限ストレージです。

名前だけでもなんかカッコいいですわ(笑)

これまでも、ビジネスユースとして提供していたGoogle Apps for Businessですが、数少ない不満点としてストレージ容量が少ないため、社内のファイルサーバとして使うにはちょい不向きという点がありました。

実際にGoogle Apps for Businessを運用していると、部署の代表アカウントのGoogle Driveをファイルサーバ代わりにして、みんなで同じGoogle Driveアカウントにログインして使用する、な~んてやり方をしていました。
それでも1アカウント当たり25GBが標準だったので、年数を重ねていくたびにストレージ容量が不足してきます。
追加で容量を購入することもできるので、これまではそれで逃げていましたが、このサービスを使えば無制限にファイルもメールも貯めこむことが可能になります。

Google Apps Unlimitedサービス概要

ちなみに、新サービスの内容は以下のような感じです。

  • 容量無制限のストレージを全従業員に提供(1ファイルあたりの最大ファイルサイズは5TB まで)
  • 管理者が、ファイルの移動・削除・社内外での共有を監視できる新しい監査レポートに加え、アドオンソリューション開発時に利用可能な監査 API
  • 管理者によって、クライアント同期・オフライン・ドライブアプリ・アドオンを組織単位で設定できるようになった、新しいセキュリティ管理機能
  • ドライブに保存されている全コンテンツ検索が可能になった Google Apps Vault 

1ファイルで5TBまでに対応。まぁ、ありえないくらいの容量ですね(笑)
また、APIでユーザーの利用状況監査もできるので、管理者やセキュリティ責任者も安心ですね。

なにしろ、無制限のストレージ容量なので、情シスは「ファイルサーバの容量がヤバいので、画像とか動画ファイルを消して下さい」な~んて通知をイントラネットに流さなくてすみます。
いやもぅ、過去に何度流したことか(^^;

これだけでも大きいです。定期的にファイルサーバをアップグレードする計画も、これで破棄できますぜ。

また、すべてのファイルがクラウド内、つまりGoogleのサーバ内で暗号化されて保存されるので、セキュリティ対策も今のファイルサーバよりも上がるんじゃないでしょうか?
少なくともウチじゃサーバ内で暗号化とか掛けてません。容量が勿体無くて(泣)

これで月額たったの10ドル。
これまで5ドルだったので、金額は倍ですが、それ以上の効果じゃないですかね?

単純に、これでファイルサーバ1台なくせますよ?

ウチもさっそく検討します。
注:ステマではありません。念のため(笑)

だば、まだ(^^)

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.