ケータイキャリアの用意しているもの以外にも、街にはWi-Fiがたくさん飛び交っています。


じつにたくさんのサービスが展開されていますが、その中でも価値ある有料サービスについて、徹底比較してみました。


主要3サービスの比較


国内に、スポット数が1万以上ある3社を独断と偏見で選んでみました。

  フレッツスポット
NTT東NTT西
Wi2 300 ワイヤレスゲートWi-Fi
月額料金 200円(フレッツ利用者)
900円(その他)
362円 362円
プリペイド なし 6時間 350円(税込)
24時間 800円(税込)
3日間 1,500円(税込)
1週間 2,000円(税込)
なし
国際ローミング なし あり なし
主要な場所 セブン&i、スタバ、タリーズ、プロント、ファーストキッチン、空港など マクドナルド、スタバ、ルノアール、JR駅など  
スポット数 東・73,100(2015年9月) 70,000(2012年) 40,000
速度 最大200Mbps 最大300Mbps 最大54Mbps
同時接続 1 1 1
提携 NTT東西 BBモバイルポイント Wi2 300、BBモバイルポイント
その他 東海道新幹線 東海道新幹線、リムジンバス、高速バスも一部利用可 東海道新幹線

月額料金

最安値はフレッツサービス利用者向けのフレッツスポット。
他は同じ料金ですね。

プリペイド・国際ローミング


プリペイドプランがあるのは、Wi2 300のみですが、6時間パスはともかく、他のプランはすべて月額料金プランよりもお高いので、あんま意味ないですね(笑)
月額プランを契約して、1週間後に解約すれば、1週間プランの5分の1で利用できちゃいます(^^;

国際ローミングがあるのも、同じくWi2 300のみ。
国外に行くことがあれば、お得です。

スポット数・速度


一見するとNTT東のフレッツが一番多そうですが、Wi2 300は2012年時点の総数しか公表していません。
現在はもっと多いと考えるのが妥当ですね。

速度はWi2 300の300Mbpsが最速ですが、ごく一部エリアのみで、他も遜色はあまりなさそう。

同時接続


これは、以外に盲点ですが、各社とも同時接続は1デバイスのみ。
カフェなんかでは、スマホとPCを同時に繋ぎたいこともあるので、これは不便ですねー。

無料のat_STARBUCKS_Wi2なんかは、同時接続できるので、負けてますw

提携


提携エリアは、各社ともありますね。
NTTは当然のごとく東西それぞれで、使えます。

東海道新幹線のN700系車両のみ、各社ともエリアにしていますが、Wi2 300はリムジンバスもエリアになっていいるのが特徴ですね。


結論:最強の有料Wi-FiサービスはWi2 300に決まり!


次点でフレッツ・スポットを挙げますが、これはフレッツサービスを契約している場合のみ。
この料金設定を見れば分かる通り、実質的に契約者対象のサービスみたいなもんです。

月に900円も出してWi-Fiスポット契約結ぶ人なんかいません(笑)

不満は、同時接続デバイスの制限ですねー。
ここは、改善をお願いしたいところ。

参考にしていただければ、幸いです。

ラベル:

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.